From that Day Fwd:

情報発信練習中.とある学生のブログです.攻殻機動隊・アイアンマン・トランスフォーマー好きです.#Robotics #Programing #C++ #Python #Emacs #Book #Movie #Linux

iiyamaディスプレイモニターXB2481HSU-B1購入レビュー

目次

はじめに

これが,3本目の記事になります. 2本目のアップから一ヶ月強...(サボりすぎでしょ笑)

とりあえず,前期の授業は乗り切ったので夏休み中なのですが,「よーし研究がんばるぞー」と意気込んでは見たものの...

現実は,それほど甘くはないよ. ほとんど研究が進まないやん自分!おい!と思っていますth3m1sです.

今回は,タイトルの通り念願のディスプレイを購入しましたので,その報告とレビューをしたいと思います.

背景

自分のPCなど持たない中高校時代,家族共用のデスクトップPCをカタカタしながら,自分だけのマイPCにあこがれていました.

そして大学入学と同時に,絶対必要になるからと購入してもらったノートPC.

長年使えるようにと,CPU・メモリは最大スペック(core-i7,8GB)を選択,当時は早いと言われていたSSHDを1TB

持ち運びすることも多いだろうと言うことで日本人が好きな画面サイズは13.3inch

「この布陣に死角なし!!」 「これだ,初マイ(ノート)PCだ!!」 と,当時は大変気に入り意気揚々としていたのですが,5年目になってくるとOSが起動しないとかディスプレイ映らないなどの故障有り,持ち運ぶにはちょっと重いな〜とか色んな点が目についてくるわけです.

修理に出したり,SSDに換装を行ったりと色々手を加えていたのですがどうしても気になってきたのがディスプレイの画素数・解像度でした...

WXGA (1366x768)

少し前のPCだと当たり前だったように思うのですが,スマホですらFullHD(1920x1080)のこの時代になんという画素数

先日,SHARPさんから8Kテレビが出てきたなかで,これはきつい...と思っていました. www.sharp.co.jp

しかし,ThinkPadのようにカスタム製の高いノートPCではなく,ディスプレイ換装などそうやすやすとは行えません.

また,今後のことも考えると各パーツ単位で購入したほうがよいと考えていましたので,ディスプレイのみでの購入を考えていました.

購入のきっかけ

先日,Amazonさんでモニターアーム(Loctek モニターアーム&ノートパソコンスタンド ガス圧式 横/縦型2台設置可能 D5DL)の割引が行われていましたので,セメスター終わりのご褒美!と自分を騙してモニターアームに合わせてディスプレイを購入しようと思いました.

実は,自分の身の回りでは研究室のPCが最も良い構成でディスプレイもFullHDでした. 一気に,4Kなどにしても出力できないうえ高い(笑)

使い勝手が自宅と研究室で大きく異なるのも嫌だったので選択肢が豊富なFullHDで探すことにしました.

ディスプレイ候補

Amazonで調べてみると,出るわ出るわ... 選択肢が多すぎて困るのが最近は多いですよね...

様々なメーカーから出されているモニターですが,ディスプレイに関しては一度現物を見てから購入するように決めているので家電量販店等で下見をしました.

BenQモニターディスプレイ GL2460HM

BenQ モニター ディスプレイ GL2460HM 24インチ/フルHD/TN/HDMI,VGA,DVI端子

BenQ モニター ディスプレイ GL2460HM 24インチ/フルHD/TN/HDMI,VGA,DVI端子

超有名というか,ランキングなどを調べたらだいたい入っているBenQモニター.

台湾メーカーで,コスパに優れているといったイメージでしょうか.

古いモデルは,Amazonさんでのレビューも1200件超えていたりして,もうびっくり.

店で,見たところ照明のせいかもしれませんがちょっとボヤッと見えたので気になってしまい購入には至りませんでした.

フレーム回りの強度も少し気になってしまい...

ASUSフレームレスモニター VZ239HR

ASUSといえば,X205TA,E200HAなどの格安ノートPCに始まり,ROGシリーズなどの高級ゲーミングPCやスマートフォンZenPhoneシリーズなどのイメージが強かったのですが,モニターも出されているようです.

こちらは,入力が2系統(D-sub,HDMI)のみ,VESA規格マウントもなしと機能が絞ってある感はありますが軽量でフレームレスということで使いやすそうなモデルです.

モニターアームのためのVESA規格に対応していないことに気が付き,諦めました. 結構,綺麗に見えたのですが...

EIZO FlexScan EV2451

言わずと知れたEIZOさん.

モニターディスプレイを調べたことがあれば,一度は目にしたメーカーでしょう.

高機能・高品質・高価格

うひょ〜〜〜高い〜(笑) 実店舗で見て綺麗さというかクリアさを感じ,その後値札を見て項垂れるというパターンを繰り返させられました.

お財布と相談して今回は見送りました.

購入したモニター iiyamaディスプレイモニターXB2481HSU-B1

最低条件としては, 解像度FullHD(1920x1080) ディスプレイサイズ23inch以上 HDMI入力有り VESA規格←これ重要!

としていましたので,すべてを満たします.

実際,上の条件の中ではVESA規格以外ほとんど何も考えずに選んでも満たせるものです.

購入の決め手としては,価格と機能の釣り合いといいますか.

値段を考えると発色も良く,側面のUSBx2なども便利そうですし,強度もあり最低価格帯では満足できないもののそれほどお金をかけられない人にとってはちょうどいい商品のように思いました.

実際,モニター付属のスピーカーは不評だったり電源ランプが見えにくい(自分はむしろ見えないほうが嬉しい)等の意見も見られましたが自分としては問題を感じませんでした.

モニターの使用感・レビュー

机の上に設置していますが,デフォルトのスタンドでも十分高さの変更が可能です. (自分は,すぐモニターアームに変更しましたが...)

f:id:tgarex08:20170918185815j:plain
とりあえず,パシャリと一枚

f:id:tgarex08:20170918185802j:plain
部屋の電気を全て消したver.

暗闇ver.が必要かどうかはともかく明るさも十分あり見やすいディスプレイです.

というか,持ってるカメラの画質が悪すぎて綺麗さが伝わらない\(^o^)/

機能として,「ECOモード」というのがあるのですが環境に優しいモードらしいのですが,光量も抑えられて目にも優しいモードです.

Blue Light Reducer機能というものがあり,画面の色温度の変更できるため3パターンでブルーライト低減調整に加えて自分の眼にあった表示に変更できます.

モニターは設置する部屋の照明条件(明るさ・ライトの色等)に影響を受けるので,昼と夜ではモードを変えることによって自分にとって最適な状態で作業を行うことが可能です.

流石に自分で値を調整はできませんが,この程度の自由度があれば自分にとっては十分です.

おわりに

結論,良い買い物でした.

そうそう壊れるようなものでも無いでしょうし,それなりに良いものを買って長く使うようにしようと思っていましたので希望通りの商品でした.

また,気がついたことがあれば追記や記事にしたいと思います.

これは耳栓革命かも...

目次

はじめに

これが,2本目の記事になります.

最初の記事は,意気込みとか目標ではなくつらつらと現状を書いてただけなのですが,,,

とりあえず,自分の中でもどんな風にして進めていいかまだまだ確定していないのでとりあえずつらつらスタイルで(笑)

現在絶賛テスト期間中のため,部屋冷房ガンガン缶詰スタイルで勉強をしています.

いままで,高校入試に始まり大学,大学院と入学試験に加えて,それぞれ単位や進学のためにテストを受けてきているのですがその度に集中を求められてきました.

よくないのはわかっているのですが....テスト直前に忙しくなるタイプなので...

これまでの勉強方法

中学生や高校生の頃は自宅で勉強することが多く,環境としては静かなものでした.

(自宅のすぐそばが中学校だったため夜はほぼ無音)

環境音は家族が発する物音のみでした.

となると,集中するにはもってこいの環境で耳栓などすることなく机に向かっていました.

一度集中している状態に入ると周囲の音が聞こえなくなるモードに突入できるので,しっかりと勉強できていました.

しかし,大学受験や浪人時代は塾や予備校の自習室で勉強するほうがメインになっていきました.

そうなってくると周囲の環境音がめちゃくちゃ気になりだします...

  • 問題用紙のページをめくる音
  • ボールペンのカチカチ音
  • 廊下でのケラケラ笑い声や話し声
  • ドアの開け閉め

そして,大学での下宿では * 車・自転車の往来 * PCファンの音 * 冷蔵庫の音 なんかも加わってきます.

そうなってくると,もうカオス...

実際,これ以外の音もあるとは思うのですが,要は自分以外が発する音ってどうしても不快に感じてしまうんですよね...

そこで,昔からやってきた対策方法を思い出してみると

耳栓で音を遮断→イヤホンで音楽を被せる→耳栓で音を遮断→イヤホンで音楽を被せる→....

このサイクルを繰り返していました.

耳栓に関しては,よくあるタイプ下↓のようなタイプを用いていました.

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

文字通りしっかりと耳に栓をしてくれます.

ただ問題は,自分の心音が聞こえるのと長時間の装着でムレを感じること

これが勉強しているときにはきつい...

で,特に心音の方を解決するためにイヤホンをつけ音楽を流して勉強するようになりました.

これで,心音含め環境音も隠せるようになるのですが,純粋に音楽が気になってくるという本末転倒なことに...

また,イヤホンもカナル型,インナーイヤー型,加えてヘッドホンなども試してみたのですが装着感が気になり長時間は疲れるという問題が.

そして,昔は歌詞のわからない洋楽をかけてリズムメインで聞けるようにしていたのですが,次第に英語がわかるようになってくるという謎の成長をしてしまい無意味に...

一時期はフランス語やドイツ語の音楽でもかけるかと迷走していたのですが,やっぱり耳栓で...と耳栓とイヤホンを言ったり来たりしていました.

ついに最高の相棒に出会えた!!!(気がする)

耳栓もいくつか更新していく中で出会ったのがこれ!!

Amazonで耳栓と検索するとランキング上位に出てくるので気になっていたのですが,「ライブ用」ってかいてあるしなぁ〜と手を出さずにいました.

今回のテストで使ってみるかと思い購入し一週間ほどためしてみたのですが,これは今までのとは違う!と思いブログに書いてみようと思いました.

CRESCENDO ブランドのイヤープロテクターは、音楽を愛する全ての人を難聴や音響障害のリスクから守る、画期的な製品です。周囲の音をしっかりと遮音しながらも、モデル別に楽器パートや音楽カテゴリーのモニタリング専用に開発された特殊なサウンドフィルターを搭載。ミュージシャンや、現場のスタッフは勿論、一般の音楽ファンが末永く音楽をお楽しみになる為にも、Crescendo のイヤープロテクターを是非、お試しください。このCrescendo Musicは、一般の音楽ファン向けに設計され、長時間・大音量で音楽を楽しむ方の聴覚を保護します。ライブやフェス、クラブなどの現場で、本来の音質をそのままに、安心してステージを楽しめます。装着したまま会話もOKです。

まず,商品説明にもあるように耳栓ではなくイヤープロテクターといい,ライブやクラブなどの爆音から聴覚を保護するためのもののようです.

レビューを眺めていても音楽経験者の方の意見が多く,音楽ファンでもなんでもない素人の僕が失礼しまーすといった感覚で本来の使用用途ではないようなのですが,なかなか勉強集中用としても優秀です!!

耳栓とは何が違うの?!

今までの耳栓はすべての音源を0にする方向にイヤホンで音楽を聞くのは1にする方向,みたいなイメージなのですがこれは特定の周波数帯の音がカットされるように感じます.

というのも,Youtubeで音楽を聴いてみたのですがこれが何故かちゃんと聞こえてくる!!

でも,PCファンの音や下宿の前を車が通った音なんかは抑えてくれます.

ここで,大切なのはこれまでの耳栓とは違って,音を完全に遮断しようとするのではなくて特定のところ(勉強するときに気になるような音域)を抑えてくれている点.

耳栓との違いは,音の全体がカットされるのではなく音の一部が抑えれられるため変に静かすぎる(日常生活の感じと違う)という耳栓特有の違和感もなく集中できます.

うまく言葉にできないのですが,極端に音が小さくなることによる違和感がないとでも言うのでしょうか...

聴覚ではなく,視覚で表現すると日常では気にすることのない視野の端っこが強くボヤっとなる(イヤープロテクター)のと画面全体がぼやけて逆に普段との違和感が大きくなる(耳栓)って感じなのでしょうか.

とにかく,違和感なく遮音してくれます.

やっぱり,勉強集中用となると違和感の存在がないのが非常に大切だと僕は思っているのでこのイヤープロテクターに出会えて良かったです.

メーカーのサイトも見てみましたが,やはり

欲しい音をしっかりと聞き取りながらも、耳にダメージを与える余分な周波数帯域を大幅に軽減します。

ということで,特定部分の周波数がカットされるようですね.

http://www.korg-kid.com/crescendo/reduction/images/reduction_img01.jpg

音圧低減効果 | Crescendo

実際,個人的な感想にはなりますが人の話し声も聴きやすい声と効きにくい声がありました.

ただし.......

ただし,この耳にダメージを与える周波数と言うのが厄介でして,勉強の邪魔になる周波数では無いということです.

実際,耳栓に比べて無音感はありません.

僕が購入したのは,パッケージに書いてあるように,20dBカットのライブ用のものです.

他にも,ギター用,睡眠用,飛行機用,謎の射撃用なんてのもあり,どの程度dBをおとすか違うものが多種多様にあるので,他のものも試してみたいと思います.

おわりに

ながながと書きましたが,要は...

  • 長所

    • 普段からの違和感がほとんどない(聴覚,装着感ともに)
    • 集中できる!!
  • 短所

    • 完全な遮音性はない(他の耳栓に比べ遮音性は低いです)

P.S.

最後に言い訳を,テストのため更新遅れました.笑

院に入ったらテストとかほとんど無いよっていったの誰よ??

ブログ始めましたー自己紹介ー

4月5月...と過ぎて,早7月中旬です.

もう,一年のうち半年とちょっとが過ぎていることになります...

僕は学生なので年度始まりの感覚とはいえ,いま3分の1が過ぎてる状態です.

つまり就職せずに院に進学してから,それだけの時間が過ぎたわけです.

周囲の友達は就職して社会人として働いている人も多いのですが,自分も来年には就職活動をして職場を見つける必要があります.

そういう段階になると,「自分の長所・短所」「アピールポイント」とか「大学時代に頑張ったこと」なんかについて考えていくことになります.

そういったものを今から増やしていくことも可能かもしれませんが,短所を補ったり気付いていくことのほうが簡単かと考えます.

そこで,このブログを始めるきっかけに繋がるのですが

  • 昔から,ブログには興味があったこと
  • いつか言うかもしれませんが,自分の短所を補う良いツールだと感じたこと

をふまえ,ブログを始めることにします.(いきなり笑)

はてなブックマークを利用するためはてぶアカウントを作ったときから,ブログ名のみを変更しては消し,新しい名前を作り...を繰り返していたのでブログを始める準備はずっと前から整っていたわけです.

f:id:tgarex08:20170716192529p:plain f:id:tgarex08:20170716193019p:plain *1

そこでブログ編集画面を開いて...となるわけですが,右側にチラチラとブログチャレンジに挑戦しましょうとか出ています.

blog.hatena.ne.jp

伝説を残そう

ブログチャレンジは、はてなブログを華麗に使いこなすためのチェックリストだ。

唯一無二のブロガーを目指す君のために、さまざまな試練を用意した。

すべてのタスクを達成したとき、歴史に新たな1ページが刻まれる……。

初級ブロガーを目指す君へ あ,はい.これ私のためのやつですね.わかります.

もう,これは渡りに船だということで初記事を書いていることろです.

とりあえず,初級ブログチャレンジのタスクを見ているのですが...

* 記事を1個公開する <–まずここからスタート

* 5個のブログの読者になる <–というか昔からなってる. 

* 印象に残った記事にコメントを書く <–実はコメントしたことない...読むだけでした...

* 応援したいブログの記事にスターをつける <–意味もわからず,FBのいいね!感覚で昔してた...

* ブログのデザインテーマを変更する <–??

* お題スロットを回して記事を投稿する <–??

* 今週のお題に記事を投稿する <–??

* プロフィール画像を設定する <–まぁやり方わかる

* ブログのタイトル画像を設定する <–あ,そんなのあるんですね...

* アイキャッチ画像を設定する <–ふむ,わからん.

* ブロググループに1つ参加する <–ブ...ブロググループ?!

* ブロググループに3つ参加する <–本当にそんなのあるんだ笑

* 200文字以上の記事を公開する <–努力

* 400文字以上の記事を公開する <–努力

* ブログを3日継続 <–うっす.

* 写真を投稿する <–スマホ写真で許される?

* ブログの背景画像を設定する <–...はい.

* 記事を5個公開する <–うっす.

* 月間PV100達成(アクセス解析を見てみよう)

* 10個のブログの読者になる <–済み

* ブログを5日継続 <–...

* 記事を10個公開する <–...

* 月間PV1000 <–(白目)

* 20個のブログの読者になる <–これは,コミュニティ活性化的な意図?

ん?これ行けるのか?というのがたくさんあるのですが,とりあえず突っ走っていこうと思います.

よろしくお願いします.

*1:2014年から始める気はあったんだ僕...