From that Day Fwd:

情報発信練習中.とある学生のブログです.攻殻機動隊・アイアンマン・トランスフォーマー好きです.#Robotics #Programing #C++ #Python #Emacs #Book #Movie #Linux

これは耳栓革命かも...

目次

はじめに

これが,2本目の記事になります.

最初の記事は,意気込みとか目標ではなくつらつらと現状を書いてただけなのですが,,,

とりあえず,自分の中でもどんな風にして進めていいかまだまだ確定していないのでとりあえずつらつらスタイルで(笑)

現在絶賛テスト期間中のため,部屋冷房ガンガン缶詰スタイルで勉強をしています.

いままで,高校入試に始まり大学,大学院と入学試験に加えて,それぞれ単位や進学のためにテストを受けてきているのですがその度に集中を求められてきました.

よくないのはわかっているのですが....テスト直前に忙しくなるタイプなので...

これまでの勉強方法

中学生や高校生の頃は自宅で勉強することが多く,環境としては静かなものでした.

(自宅のすぐそばが中学校だったため夜はほぼ無音)

環境音は家族が発する物音のみでした.

となると,集中するにはもってこいの環境で耳栓などすることなく机に向かっていました.

一度集中している状態に入ると周囲の音が聞こえなくなるモードに突入できるので,しっかりと勉強できていました.

しかし,大学受験や浪人時代は塾や予備校の自習室で勉強するほうがメインになっていきました.

そうなってくると周囲の環境音がめちゃくちゃ気になりだします...

  • 問題用紙のページをめくる音
  • ボールペンのカチカチ音
  • 廊下でのケラケラ笑い声や話し声
  • ドアの開け閉め

そして,大学での下宿では * 車・自転車の往来 * PCファンの音 * 冷蔵庫の音 なんかも加わってきます.

そうなってくると,もうカオス...

実際,これ以外の音もあるとは思うのですが,要は自分以外が発する音ってどうしても不快に感じてしまうんですよね...

そこで,昔からやってきた対策方法を思い出してみると

耳栓で音を遮断→イヤホンで音楽を被せる→耳栓で音を遮断→イヤホンで音楽を被せる→....

このサイクルを繰り返していました.

耳栓に関しては,よくあるタイプ下↓のようなタイプを用いていました.

MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)

文字通りしっかりと耳に栓をしてくれます.

ただ問題は,自分の心音が聞こえるのと長時間の装着でムレを感じること

これが勉強しているときにはきつい...

で,特に心音の方を解決するためにイヤホンをつけ音楽を流して勉強するようになりました.

これで,心音含め環境音も隠せるようになるのですが,純粋に音楽が気になってくるという本末転倒なことに...

また,イヤホンもカナル型,インナーイヤー型,加えてヘッドホンなども試してみたのですが装着感が気になり長時間は疲れるという問題が.

そして,昔は歌詞のわからない洋楽をかけてリズムメインで聞けるようにしていたのですが,次第に英語がわかるようになってくるという謎の成長をしてしまい無意味に...

一時期はフランス語やドイツ語の音楽でもかけるかと迷走していたのですが,やっぱり耳栓で...と耳栓とイヤホンを言ったり来たりしていました.

ついに最高の相棒に出会えた!!!(気がする)

耳栓もいくつか更新していく中で出会ったのがこれ!!

Amazonで耳栓と検索するとランキング上位に出てくるので気になっていたのですが,「ライブ用」ってかいてあるしなぁ〜と手を出さずにいました.

今回のテストで使ってみるかと思い購入し一週間ほどためしてみたのですが,これは今までのとは違う!と思いブログに書いてみようと思いました.

CRESCENDO ブランドのイヤープロテクターは、音楽を愛する全ての人を難聴や音響障害のリスクから守る、画期的な製品です。周囲の音をしっかりと遮音しながらも、モデル別に楽器パートや音楽カテゴリーのモニタリング専用に開発された特殊なサウンドフィルターを搭載。ミュージシャンや、現場のスタッフは勿論、一般の音楽ファンが末永く音楽をお楽しみになる為にも、Crescendo のイヤープロテクターを是非、お試しください。このCrescendo Musicは、一般の音楽ファン向けに設計され、長時間・大音量で音楽を楽しむ方の聴覚を保護します。ライブやフェス、クラブなどの現場で、本来の音質をそのままに、安心してステージを楽しめます。装着したまま会話もOKです。

まず,商品説明にもあるように耳栓ではなくイヤープロテクターといい,ライブやクラブなどの爆音から聴覚を保護するためのもののようです.

レビューを眺めていても音楽経験者の方の意見が多く,音楽ファンでもなんでもない素人の僕が失礼しまーすといった感覚で本来の使用用途ではないようなのですが,なかなか勉強集中用としても優秀です!!

耳栓とは何が違うの?!

今までの耳栓はすべての音源を0にする方向にイヤホンで音楽を聞くのは1にする方向,みたいなイメージなのですがこれは特定の周波数帯の音がカットされるように感じます.

というのも,Youtubeで音楽を聴いてみたのですがこれが何故かちゃんと聞こえてくる!!

でも,PCファンの音や下宿の前を車が通った音なんかは抑えてくれます.

ここで,大切なのはこれまでの耳栓とは違って,音を完全に遮断しようとするのではなくて特定のところ(勉強するときに気になるような音域)を抑えてくれている点.

耳栓との違いは,音の全体がカットされるのではなく音の一部が抑えれられるため変に静かすぎる(日常生活の感じと違う)という耳栓特有の違和感もなく集中できます.

うまく言葉にできないのですが,極端に音が小さくなることによる違和感がないとでも言うのでしょうか...

聴覚ではなく,視覚で表現すると日常では気にすることのない視野の端っこが強くボヤっとなる(イヤープロテクター)のと画面全体がぼやけて逆に普段との違和感が大きくなる(耳栓)って感じなのでしょうか.

とにかく,違和感なく遮音してくれます.

やっぱり,勉強集中用となると違和感の存在がないのが非常に大切だと僕は思っているのでこのイヤープロテクターに出会えて良かったです.

メーカーのサイトも見てみましたが,やはり

欲しい音をしっかりと聞き取りながらも、耳にダメージを与える余分な周波数帯域を大幅に軽減します。

ということで,特定部分の周波数がカットされるようですね.

http://www.korg-kid.com/crescendo/reduction/images/reduction_img01.jpg

音圧低減効果 | Crescendo

実際,個人的な感想にはなりますが人の話し声も聴きやすい声と効きにくい声がありました.

ただし.......

ただし,この耳にダメージを与える周波数と言うのが厄介でして,勉強の邪魔になる周波数では無いということです.

実際,耳栓に比べて無音感はありません.

僕が購入したのは,パッケージに書いてあるように,20dBカットのライブ用のものです.

他にも,ギター用,睡眠用,飛行機用,謎の射撃用なんてのもあり,どの程度dBをおとすか違うものが多種多様にあるので,他のものも試してみたいと思います.

おわりに

ながながと書きましたが,要は...

  • 長所

    • 普段からの違和感がほとんどない(聴覚,装着感ともに)
    • 集中できる!!
  • 短所

    • 完全な遮音性はない(他の耳栓に比べ遮音性は低いです)

P.S.

最後に言い訳を,テストのため更新遅れました.笑

院に入ったらテストとかほとんど無いよっていったの誰よ??